金魚写真家

岩崎 潤
プロフィール
金魚写真家
岩崎 潤(いわさき じゅん)  

1584年の金魚の歴史に魅了され、
2006年から金魚写真家として活動開始。

彼の金魚写真は、水槽の中で繰り広げられる金魚たちの生き生きとした様子や水の流れや光の反射水中世界の美しさを緻密に捉えています。


それはまるで、別世界の窓を開いたかのような幻想的で神秘的な世界観を感じさせます。

躍動感のある中に優しさを感じる癒しの作品を多数発表しており、多くのファンを魅了している。
金魚アート作家

珠  杏
プロフィール
金魚アート作家
樹脂・デジタルアーティスト
珠  杏(じゅあん)本名:森川 妙

書画家「浅倉 龍雲」の長女として福岡県に誕生。幼いころより絵画・造形・演劇など多くの芸術に触れて育つ。

また、両親の影響を受け幼いころより社会・環境課題に興味をもち作品にはその心緒を描くようになる。中でも絶滅危惧種の儚き命とシャボンの弾ける様子を描いた作品が人気をあつめている。

2004年、樹脂・粘土講師として活動を開始し、全国で活動を開始。同時にアートを通した社会貢献活動を始める。2018年、その取り組みは内閣総理大臣賞を受賞。

2021年、岩崎 潤の写真と金魚の歴史に出会い感銘を受ける。「金魚」の存在に人の不条理さと素晴らしさを同時に感じ「人道とは」と自らに問いながら金魚をテーマにした作品を描き始める。
アクセス


【 徒歩 】

JR小倉駅から   徒歩約15
JR西小倉駅から  徒歩約10

【 車 】

(福岡・山口方面より) 

北九州都市高速
大手町ランプから車で約2

(戸畑・若松方面より) 

北九州都市高速
勝山ランプから車で約2

【 近隣の駐車場 】

勝山公園駐車場
市営勝山公園地下駐車場
リバーウォーク駐車場

※介助が必要な方へ

小倉城天守閣は勝山公園内にあるため、原則車両乗り入れはできません。但し、移動に介助が必要な方の団体等で、勝山公園駐車場から天守閣までの移動が困難なため、天守閣前までの車両の乗り入れを希望される際は、一週間前迄に小倉城へご相談ください。

小倉城電話番号:093-561-1210



マップ
Back to Top